RPA導入をすべき会社とは?

>

皆さん、「ペルソナ」という言葉をご存知でしょうか?

ここ数年マーケティング用語として、頻出の単語となっています。

「ペルソナ」とは、商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルのこと。

つまり、サービスを提供する際に、どういった相手をターゲットとして考えているのか?を詳細に定義するという使われ方をします。

詳細は割愛しますが、RPAの話をしていると、時折「どういった会社にRPAが有効なのですか?ペルソナは?」と聞かれることがあります。

 

サービス提供側としては、結構重要な部分なのですが、上手く答えれない自分がいるのも確かです。

「会社の規模」で話をすれば、確かに大規模の会社ほど、パソコンでの処理量が多くなるので、RPAが活きてきます。

しかし、小規模だと役に立たないかと言われると、そうでもありません。

 

それでは、「業種」で区切ってみては?

確かに業種によって、RPA向きの仕事が沢山あるものがあります。

金融とか保険会社とか、そうですね。

でも、量自体はその通りですが、ルーチンワークとしてコンピュータ処理が全く無い業種というのも、見つける方が大変でしょう。

 

となると、「年商」は?

会社の規模と直結しやすいですが、それだったら「業種」の方が影響力が大きいと思います。

といった感じで、なかなか明確な基準というのが提示しづらいのです。

 

そうはいっても、「これなら言える!」というものが1つ存在します。

それは、

『RPAの費用を12で割れば、1か月当たりの費用が算出できます。

仮に5万円としましょう。

もし、5万円で会社内にあるいくつかのルーチンワークが無くなるとしたら、元が取れそうですか?』

といったものです。

 

これに対しての答えが、

「いや毎月5万円も出すのであれば、アルバイトを雇った方がいい」

というのであれば、RPAは必要ないでしょう。

 

しかし、

「この手作業が無くなるのであれば、5万円は安い!」

というのであれば、RPAの出番だと思います。

まあ、この「5万円」というのは、あくまでも仮定の金額なので、どのRPAツールを選択し、どのように社内導入するかによって、金額は大きく変わってきます。

ちなみに、弊社がお勧めしているRPAツールであれば、月額2万円もしません。