業界最安級価格でRPA導入をトータルサポート

  • 050-5318-2099
    営業時間:9:00~17:00(平日)

「RPA導入」でお困りではありませんか?

導入・運用のコストが高い

PCやサーバにインストールして利用する一般的なRPAツールは、1台毎に年間ライセンス料が発生する課金体系になっています。
 
たとえば、日本で一番売れているRPAツールは、NTT関連の会社が提供している「WinActor」ですが、 費用としては1台/年間「90万円程度(税抜き)」です。 しかもこの金額は利用にあたっての最低金額となり、複数台のPC/サーバで利用となると更に金額は増えます。
 
中小企業においてRPA導入を考える際には、大手企業の導入事例を参考にしても、コストパフォーマンス的に上手くいきません。大手企業の場合、高額なRPAツールを採用しても、1作業における量自体が多いため、コストに見合うことが多いのです。しかし、中小企業の場合には、そうはいきません。

そこでお勧めしたいのが、2021年3月に登場し、無料で使えるマイクロソフト製のRPAツールです。機能はもちろん、将来性においても、他の有料RPAツールに比べて遜色のないものとなっています。このRPAツール登場により、中小企業において、RPA導入のハードルが大きく下がっています。

自分たちでロボット(フロー)を作成・運用できない

RPAツールのメーカーや販売店のほとんどは、「ノンプログラマー(プログラマーではない人)にも使える!」と謳って販売しています。 しかし、ロボット作成にはプログラミングの素養が必要となります。
 
そのため、新しいもの好きの会社が社員や部署にRPAツールを購入・配布し、できる限り業務を自動化するように指示したものの、 結果として誰も使いこなせず放置されるケースは珍しくありません。
 
RPAツールは簡単に使いこなせるような印象がありますが、まだ発展途上の分野であり、 素人が片手間で簡単に導入とはいかない代物なのです。

RPAツールは、他のアプリケーションに向けて指示を出して動かすという仕様上、一般のシステムに比べて「止まりやすい」という性質があります。そのため、「ロボットを作ったら終わり!」ではなく、最初から運用保守も考慮しておくことがとても大事になってきます。

良質な勉強教材がない

RPAという単語は、一般的になってきましたが、まだ歴史の浅いサービスと言えます。ですので、各RPAツールの操作方法やトラブル解決に関して、書籍やインターネットにも十分な情報が出回っていません。

特に、市場での評価がとても高いRPAツールであるものの、登場して間もない「Power Automate Desktop」においては、さらに勉強が困難な状況にあります。

RPAツールの勉強が難しいとされる一番大きな点は、「プログラミングの基礎知識」が問われることです。

しかし、RPAツールのメーカーや販売店は「必要ない」と言い、巷で行われているほとんどのRPAレッスンにおいても、プログラミングの基礎知識について、十分な解説を行いません。

ですので、RPAのレッスンを受講したのに、いざ自社の業務を自動化しようとパソコンの前に行くと、「何をして良いのか分からない」といった状態になるのです。

一見すると遠回りに感じるかもしれませんが、本来最初に少し時間を掛けてその点を学んでおくことが、RPAツールを習得する上で必須なのです。

7robotsが選ばれる『3つの理由』

【動画】代表挨拶 & 企業がRPA導入を踏み切る理由

他社に比べてRPA導入費用が断然安い!【無料RPAツール利用】

7roborsが、「他のRPA関連会社と何が一番違うのか?」と問われれば、「無料のRPAツールを使うこと」とお答えします。

RPA関連の会社は、自社製のRPAツール販売、もしくは有名&高価なRPAツールの代理店を兼ねている場合が多く、その売上が大きな収益となるビジネスモデルになっています。

ですので、利幅の少ない安価なRPAツールを扱っているRPA関連企業は稀なのです。

その点、7robotsはRPAツールの販売店ではないため、無償で利用できるマイクロソフト製RPAツール『Power Automate Desktop (for Windows10)』をお勧めしています。

一般的な企業において、RPA対象業務の99%は、どのRPAツールを使っても自動化可能です。

にも関わらず、有料RPAツールを選ぶことで、毎年何十万円、何百万円のライセンス料をずっと払い続けていくのは、馬鹿らしいと思いませんか?

リスクなし!でのRPA導入が可能!【外注】

他社との違い「その2」を言えば、「RPA導入に掛かるリスクを弊社が代わりに持ちます」ということです。

具体的には、「RPAお試し導入コース」があり、無料&リスク無しで、RPA導入を試すことが出来ます。

RPA導入において、ロボットを「外製」するか、「内製」するかを迷われているのであれば、まずは1つ試験的導入をしてみては如何でしょうか?本当に自社でRPAが役に立つのかどうか見極めることも出来ます。

社内にヒューマンリソースが不足しているという企業様でも、実際のパソコン上の作業手順を弊社担当者に教えて頂くだけで、あとは開発から保守までお任せください。

RPAによる自動化を内製化できる!【訪問レッスン・e-Learning】

RPAツールの習得自体は、本来それほどハードルの高いものではありませんが、RPAが登場して間もないこともあり、そういった教育教材やサービスの市場が成熟していません。

有名RPAツールであれば、ハンズオンセミナーと呼ばれる有料の集団レッスンも行われていますが、こちらもカリキュラムが未成熟であり、履修後に一人でロボットが作れるようになるかと言われると難しいと思います。

その点について、7robotsでは、専属の講師がお客様の事務所にお伺いし、数日間にわたり1対1、もしくは1対複数名の訪問レッスンを提供しております。社内において、2名以上の方に習得して貰いたい場合には、こちらをお勧めいたします。

Zoomを利用したオンラインでのレッスンにも対応しております。

サービス概要

お客様の声

弊社でRPAを導入された、もしくはレッスンを受けられた方から寄せられた「ご意見・ご感想」です。

詳細はこちら

RPAについての『Q&A』

RPAは、日本政府が旗振り役となっている「働き方改革」でも、推奨ツールの1つとして取り上げられている程の有能なツールです。
しかし、当然ですが、メリットばかりではありません。
ここでは忖度無しに、RPAというものを導入する際の「期待」と「実際」の違いを語ってみたいと思います。

お電話によるお問い合わせ

会社住所:〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-4-14 山口ビル2F
050-5318-2099
(営業時間)平日:9:00 ~ 17:00

メールフォームによるお問い合わせ

最新記事

Information

  1. 2022年5月15日

    加齢による勉強の困難さとは!?

  2. 2022年5月8日

    Power Automate Desktop レッスン【中級編】アップデートしました

  3. 2022年5月5日

    RPAは「24時間」働けるのか?

FAQ

弊社サービスに対して、よく頂く質問の回答となります。

御社では、RPAツールの販売もされているのでしょうか?
いいえ。弊社ではRPAツールの販売は行っておりません。また、サービスとしては、マイクロソフトの「Power Automate Desktop」に関するものだけを扱っております。
訪問レッスンでは、「多人数でも可能」と書いてありましたが、3人以上でも大丈夫でしょうか?
はい、可能です。弊社としても、2人以上を推奨しております。ただ、参加者数に比例して、講義のスピードが遅くなる傾向がある点は、ご了承ください。
訪問レッスンについでですが、利用にあたっての最低利用期間はありますか?
日数としては「6日間」ですが、6か月以内に終了して頂く必要はあります。もし、6か月経過しても「6日」終了していない場合、残り日数は無効となりますので、ご注意ください。 ※2022年、「4日間コース」も開始しております。
プログラミングは、全くの素人ですが、大丈夫でしょうか?
はい、大丈夫です。巷で行われているRPAのレッスンは、RPAツールの使い方ばかり指導されますが、弊社のレッスンでは、プログラミングの基礎知識にも力を入れています。レッスン終了後ご自身でロボット作成/運用できるように、指導を行いますので、ご安心ください。
6日間のレッスンで、本当にRPAツールを使いこなせるようになるのでしょうか?
RPAツールは、ある程度プログラミングの知識が必要になってきます。また、エクセルやWindowsの操作についても、多くの知識が必要になってきます。つまり、人によってスタート地点が異なっています。
そのため、「使いこなす」というレベルが、どの程度を指すのかという定義の話にもなってきますが、ビジネス利用で最低限必要な操作方法は身に着けることが可能となっています。
またレッスン終了時点において、ほとんどの方は、「詳しい説明は無くても、ロボットの中身さえ見れば、ほとんど理解できる」ようになります。
なぜ、6日間連続でレッスンを行わないのでしょうか?
ご希望であれば、6日間連続のレッスンは可能です。ただ、そのスケジュールは推奨していません。なぜなら、レッスンの中で習ったことを自分の中でより深く理解するためにも、後日にひとり手を動かして再現してみるということが、RPAの勉強にはとても重要なことだからです。それを行わずに、内容だけどんどん先に進めても、レッスンの効果はとても低いものになってしまいます。
レッスンの内容も、基本は手を使って一緒にロボットを作っていくことになりますが、時間の都合上、どうしても一方向の「知識伝達型」になってしまいがちです。どこにどういったパーツがあり、どういった違いがあるのか?といったことも説明しますが、1度聞いただけでマスターできる人は稀だと思います。覚える為には、実際に何度か手を動かしてその挙動を確認してみるという作業がとても重要です。しかし、それにレッスンの時間を割くということをすると、お伝えできる内容が数分の1以下になってしまいますし、そこは講師が横にいなくても出来ることです。パソコンの画面とにらめっこしながら、一人じっくりと咀嚼する時間を取ってください。
また、レッスンとレッスンの間には、習ったことを元にした簡単な「宿題」も用意していますので、1レッスンで5時間使ったら、次のレッスンまでに同等以上の時間を掛けて、RPAツールをいじり倒すことを強くお勧めします。
レッスン終了後、ロボット作成などで行き詰った際には、サポートして頂けるでしょうか?
受講されるコースによって異なります。詳細は、それぞれのコース概要に表示しておりますので、そちらをご参照ください。
Power Automate Desktopのe-Learningですが、申し込み後、どのくらいの期間利用可能なのでしょうか?
質問対応などを含めて、「6か月」有効となります。ただ、動画視聴に関しては、弊社側でサービスが提供される限りにおいて、6か月経過以降も可能です。
Power Automate の有償版もいくつかあるようですが、Power Automate Desktopの有償版を利用したい場合、どれを選べばよいのでしょうか?
マイクロソフトのホームページにも記載がありますが、分かりづらいので、次のページにまとめてみました。
有償版PADの違いとは