◇サービスの概要

動画配信サービスを利用した「RPAツール習得講座(動画視聴型)」です。
扱うRPAツールは、マイクロソフトの「Power Automate Desktop (for Windows10)」になります。
今回、「初級編」となり、RPA・プログラミング知識ゼロの方でも理解できるように作成しております。
RPAツールを扱うに必要な最低限のプログラミング知識も、この講座で身に付きます。

私の経験として、こういったものを勉強するのには、一度に沢山の情報を取得できる「動画」が一番だと考えます。
文章と画像のみで説明している一般的なテキストでは、知っていることが前提条件となっている単語が複数あったり、過程の説明や画像が抜けていることもよくあり、最後まで辿り着くのにとても時間と労力を要すると思います。
短時間でストレス無くPower Automate Desktopを習得したい方は、動画での勉強を強くお勧め致します。

・資格の学校「TAC」のRPA専任講師が、全編作成・解説を行っています。
・初回時に12回分の資料を一括でお送りしますので、ご自身のペースで勉強を進められます。
・動画内で分からない個所があった場合、別途メールでの質問が可能です。
・1人1IDの払い出しとなりますので、他者へのID共有・貸与は出来ません。受講者の人数分、お申込みください。
・おひとりからのお申込みが可能です。
・e-Learningですので、動画を止めながら、ご自身のパソコン上でも同じロボットを作成しながら進めてください。
・Power Automate Desktopは、頻繁にバージョンアップされますので、当動画の内容も随時アップデートしていきます。

 

◇関連記事
e-Learningコンテンツ作成において、重視したこと

 

◇レッスンの対象者

・ノンプログラマー(プログラミング未経験者)の方
・Power Automate Desktopに触ったことがない方
・RPAの知識がゼロの方

以上のような方でも理解できるように作成しております。
ですので、既にPower Automate Desktopを使ってある程度フローを作成できるという方には向きません。
「個人利用」ではなく、「社内利用」に耐えうるロボット作成スキルを身に着けたい!という方は、『中級編』をご利用ください。

 

◇初級編レッスン内容(表示の時間は、1話分の長さ)

1.プログラミングの基礎知識  21:13
2.演算と分岐  10:51
3.ITの基本用語  15:20
4.PADの操作方法  47:24
5.Loop&For Each  46:20
6.レコーディング機能  27:47
7.Webスクレイピング  46:57
8.メール送信  20:24
9.エクセル操作  30:21
10.画像認識と例外処理   49:16
11.エクセル操作2  40:34
12.請求書自動作成  34:29

以上、全12話の動画と資料。
その他、宿題3回分。

動画を視聴 ⇒ 画面を見ながら同じロボットを作成 ⇒ 問題文だけで同じロボットを作成。
そして「宿題」で扱っている内容までマスターすると、社会人であればトータルで通常2~4週間程度かかると思います。

 

◇受講料

55,000円(税込み)

 

 

◇受講にあたって必要なもの

(最低限)
・インターネット環境
・Power Automate Desktop for Windows10 インストール済みのPC
・Excel

(推奨)
・必須ではありませんが、デュアルモニター環境(2画面表示)があると、勉強しやすいと思います。
利用方法としては、左手画面で当動画を映しながら、時折止める。
そして、右画面には自分の画面を映して、ロボットを作成していくことをお勧めします。

 

◇ご利用までの流れ

1.お申込みフォームにて申込み

2.弊社より「利用規約」と「請求書」のPDFを添付してメールをお送りします

3.お客様よりお振込み

4.お振込みを確認後、動画サイトのURLやパスワード、資料をメールにて送信

5.ご利用スタート

 

お申込み画面へ

 

◇お客様の声

「お客様の声」のページ