「RPA」が日本で人気のある理由

>

IT業界において、「RPA」というのは、実は賛否両論ある商品なのです。

海外に比べて、特に日本ではRPAが脚光を浴びているのは事実であり、それを不思議に思う人は少なくありません。

 

「RPA」って本当に必要あるの?

まず、RPAに対して否定的な意見を持つ人の多くは、プログラマー経験のある人達です。

「なんで今更、RPAなんてものが脚光を浴びているの? そんなものプログラミングでやればいいじゃん!」

とか、

「RPAで対処療法的な対応をするのではなく、基幹系システムの方を修正しましょうよ。」

といった意見が出てきます。

それはある意味正しいです。はい。

 

欧米では、社内にプログラマーを従業員として雇用し、様々なシステムを内製化したり、カスタマイズするという内製化の文化があります。

しかし、日本の企業文化はちょっと特殊で、プログラマーを直接雇用せずに、ベンダーやSIerと呼ばれる会社へ外注するのが一般的なのです。

そのため、ちょっとした社内システムの変更でも、すぐに外注ということになります。

これがまた高額なのです!

よくある話をご紹介しましょう。

—————————

今使っている社内システムをちょっと変更したく、ベンダーに見積もりを依頼しました。

送られてきた見積書を見てビックリ!

素人考えではありましたが、想定よりもゼロが2つほど多いのです(涙)

その見積もりの根拠を聞いたところ、「その部分を修正しようとすると、全体の見直しをする必要があり、結果として大幅な修正が必要になるのです。」とのこと。

こちらは素人なので、そういうものなのかと思い、我慢しながら使いづらいシステムを今日も使っています。

—————————-

つまり、ちょっとした変更でも、数百万円、数千万円掛かるというのは、珍しくないのですね。

なので、そういった経験をしている人からみると、WinActorなどのRPAの価格は「安い!」と感じるのです。

しかも、納期が短く、内製化が簡単に出来る(ように見える)ため、魅力的に映る訳です。

 

RPAが日本の企業において、必要とされている理由

もう1つ、挙げるとすれば、『日本は市販ソフトに業務を合わせるのではなく、自社の業務にソフトを合わせる文化がある』ということです。

ERP(Enterprise Resouces Planning)と呼ばれる基幹系情報システムというものがありますが、制作元としては、多くの情報を元にベストソリューションとして提供しています。

欧米の多くの法人は、ERPに合わせるべく業務改革を行いますが、日本の法人はERPを自分達の業務に合うよう改悪すると言われています(苦笑)

そういったことを繰り返した結果、無理・無駄・ムラが多く残り、会社の生産性が落ちている原因の1つにもなっているとよく指摘されます。

 

以上の理由により、日本の多くの企業において、目に見える非効率な業務はとても多いのですが、修正にかかるコストが見合わなかったという状況があります。

そこにRPAと呼ばれるノンプログラマーにも使える(比較的)安価なツールが出てきたので、多くの企業が関心を持っているという構図になっているのです。

ただ、多くのRPAツールは、ベンダーやSIerに頼むより安いというだけで、中小企業においては日本三大RPAツール(WinActor, BizRobo!, UiPath)と呼ばれるものも、十分に高いと思いますが。