RPAに対する「期待&思い込み」と「現実」

>

「RPA」の導入は、社内の仕事を劇的に変えてくれる可能性があるのは、確かです。
しかし、「RPA」は発展途上のサービスであり、「強み」と「弱み」を理解した上で、適材適所に導入する必要があります。

 

それでは、よくある<導入前の期待&思い込み>と<現実>をみていきましょう。

何でも自動化できる!

⇒(現実)PCを使った部分的な反復作業のみです。
作業の回数は10回でも100回でも簡単かつ正確に繰り返すことができますが、あいまいな条件によって選択が異なる作業が入るといったことは、現状のRPAは苦手です。

ただ、一連の作業すべてを自動化しなくても、一カ所だけをRPAで自動化することにより、作業時間の大幅削減、人的ミスの撲滅は可能です。

 

誰でも簡単に使える!

⇒(現実)使いこなすには、プログラミングの素養が必要です。
出来上がった「ロボット」を使うのは、もちろん誰でもできますが、そのロボットを作成するハードルは低くありません。
RPAソフト会社が行うデモを目の前で見て、「あぁ、簡単だね。これなら自分でもロボットを作れそうだ!」と感じるノンプログラマー(プログラミングを生業としない人)は極めて少ないでしょう。

RPAソフト制作会社は、「レコーディング機能もあり、ユーザーが行った作業をトレースできます!」などと謳っていますが、どのソフトもそれほど万能ではありません。
そもそもレコーディング機能では、プログラミングの初歩である「条件分岐」すら表現できません。
ちょっとしたロボットを作ろうとすると、ある程度プログラミングの定石を知っておく必要もあります。

 

片手間で導入できる!

⇒(現実)専任の人、もしくはプロジェクトを立ち上げる必要があります。
それぞれの部署にRPAソフトを配って、後は自主性に任せる!といった導入をして高い買い物になった会社は数知れず。
また、会社内のシステムにおいて、どの作業を誰がどう自動化しているのか?ということが管理されていないと、作業がブラックボックス化してしまい、大きなトラブルの元になりがちです。

仕事量を減らす為にRPAを導入したにもかかわらず、「むしろ仕事が増えた!」といった例もあります。何もかも自動化しようとすると、かえって仕事が増える不思議。

 

導入費用の元はすぐ取れる!

⇒(現実)導入するPRAソフトと自動化作業の内容によります。
多くのRPAソフトは、年間契約になっています。
また、「ロボット作成」と「ロボット稼働」のソフトが分かれている場合が多く、複数台で稼働させるとなると数百万円~にもなります。それだけの人件費削減が期待できるのか、充分な検討が必要です。
あと、RPAをインストールする専用PCを用意する必要もあります。

 

メンテナンスは不要!

⇒(現実)頻度はともあれメンテナンスは必ず必要となります。
自動化のために作られたロボットは、想定外のことが起こると、エラーを吐き出して作業が止まります。エラーが発生する度に、それに対応するべく設定変更をしたり、「例外処理」を付け加えたりしながら、運用していくことになります。

また、現在主流のRPAは、PCにインストールして利用するタイプのものです。ですので、PC自体のメンテナンスも考慮する必要があります。

その他、利用しているうちに、スタッフから「指定ファイルの場所を変更したい」とか、自動化されている作業グループに「新入社員のアカウントも追加したい」といった要望も当たり前のように出てくるでしょう。

 

RPAは複数台導入しないと効果が無い!

⇒(現実)RPAの使い方によります。
社内においてVPNやオンラインストレージを上手く利用すれば、本社だけなく支店の作業までもRPAがインストールされた僅か1台のPCだけで処理でき、多くのルーチンワークを自動化できるでしょう。
むしろ、導入当初は1台入れてみて、「どこまで自社の業務にRPAが適用できるのか?」、「どれほどの費用対効果が見込めるのか?」といった様子を見るくらいの方がよいでしょう。

 

以上は、2019年現時点での話となります。

この先、RPAの進化が次のステップに到達した際には、いくらか改善はされると思いますが、数年で導入/運用の敷居が急激に低くなるということは無いと思われます。